目 的
 
地域の主体的な取り組み、官民交えた多様な主体の参加、地域連携の普及・啓発を図り、「次世紀の地域づくりのあり方について」で示された6つの「改革の方向性」を試行するものです。このためモデル的実践を通じて課題を明らかにし、将来の地域計画体系の構築につなげることを目的に、いわば、地域づくりの「実体験型の行政」(多様な主体が実際に行政現場に参加し、地域づくりを体験すること)を試行するものです。