古くから因幡西部の中心であった鹿野町は、戦国時代に亀井氏によって鹿野城が造られ、城下町として発展しました。城をかこむように武家屋敷が並び、その外側に下町、上町の商人町、さらに外側には鍛冶町、大工町、紺屋町などの職人町がつくられました・・・・・