宍道湖に面した平田の町は、鎌倉時代から開拓が始まり、広島城下の建設にも携わった平田屋佐渡守を中心に平田衆と呼ばれる有力な商人の合議で町の運営が行われていたと言われています。江戸時代には、綿の栽培が盛んになり、近在の村からも人が集まる在郷町として発展してきました・・・・・