大森銀山から尾道・笠岡までの銀の輸送路であった銀山街道(別名 石州街道)は、山陰と山陽を結ぶ主要な街道でした。上下はその名が示すように、中国山地の分水嶺にあたる峠の町。全国でも数少ない町中に分水嶺がある町です・・・