石見銀山から上下を通って尾道、笠岡、二つのルートへと続く銀山街道(別名 石州街道)は、銀の輸送路でした。山道をたどり、ようやく見えてくるのが、律令時代に備後国の国府が置かれた歴史ある古都、府中の町並みです。長旅に疲れた人々にとっては何ともほっとするこの町はまさに山からの「出口」です・・・・・