長府藩主毛利綱元侯の湯治場「御殿湯」のあった川棚温泉へ続く道は、城下町・萩と赤間関(下関)を結ぶ江戸時代の街道「赤間関街道北浦道筋」の一部、「湯谷往還」と呼ばれていました・・・・・