西条は奈良時代には安芸国分寺が建てられ、「四日市」の名が示すように江戸時代以前から市の立つ町でした。西国街道が参勤交代に利用されるようになると、広島藩の御茶屋(本陣)が設けられ、宿場町としてさらに発展しました・・・・・