萩と下関を結ぶ赤間関街道は、萩市明木を経由する「中道筋」、下関市川棚を経由する「北浦道筋」、そして江戸時代には湯本と俵山を経由する「北道筋」が開かれ3本の街道となりました。
  西国随一の戦国大名と称された大内義隆は、後に北道筋となるこのルートを辿って陶隆房の謀反から最後の地となった大寧寺まで逃れてきました・・・