西国街道の宿場町海田市は、広島城開城とともに城下から東(京・江戸)への第1番目の宿場として発展し、人々の送迎など賑やかであったと伝えられています。江戸時代に入り、海田市は大坂と下関を結ぶ宿場の一つとして発展を続けていきました。・・・・・