かつて港町として栄えた浜田市三隅町は、入江に恵まれた地形から、山陰道の水陸交通の要衝として栄え賑わっていました。町の南を望む高城山の山頂には、この地域一帯を支配した鎌倉期の豪族、三隅兼信の居城であった三隅城跡が残っています。城跡からは町を一望することができ、今も歴代三隅氏の強い反骨精神は町の人々の心に深く根付き脈々と受け継がれています。・・・・・

認定年度 : 平成24年度
島根県浜田市

  • なし