出雲街道、石見街道の結節点として各地から人、モノを舟で城下町広島に運ぶ交通の要衝として栄えたまち「可部」。戦国時代に高松城の城下町として熊谷氏がその基礎を築きました。当時の名残として、敵の勢いを殺ぐために直角に曲がった「折り目」と呼ばれる道筋が残っています・・・・・

認定年度 : 平成25年度
所在地 : 広島県広島市安佐北区

  • なし