「智頭往来」は上方と因幡地方を結ぶ参勤交代の道。山また山の険しい道を越えてたどり着く智頭の町。宿場町として旅人の疲れを癒すとともに、木材やさまざまな物資の集散地としても賑わいました・・・・・