大型車通行適正化とは?  
 道路の老朽化対策は喫緊の課題であり、道路の劣化への影響が大きい大型車両の通行の適正化が重要であることから、大型車両の大型化に対応した許可基準の見直し及び適正利用者に対する許可手続を簡素化する一方で、悪質な違反者に対しては厳罰化し、大型車両の適正な通行にむけて取り組みを進めています。
 詳細はこちら
大型車通行適正化にむけた
中国地域連絡協議会

 中国地方における大型車両の適正かつ安全な走行環境を実現するため、道路管理者、警察、関係する行政機関や企業・団体がパートナーとなって連携し、各機関・団体の知見、情報の共有や意見交換など、地域の実状にあった取組みを連携して展開していくことを目的に協議会を設立。

 詳細はこちら
特殊車両通行許可制度
  道路は、ある一定の規格 (一般的制限値) の車両が安全で円滑に通行する事が出来るように設計されています。この規格を越える車両が道路を通行すると、橋の寿命を縮めるなど道路の構造に支障を及ぼしたり、他の通行車両などの交通に危険を及ぼすことから、道路法第47条により、該当車両は通行することが出来ません。しかし、実際の社会・経済活動に伴い、車両の使用目的や車両に積載する貨物の特殊性から、やむを得ず一般的制限値をこえる車両については、必要な条件を付して通行を許可することとしています。 詳細はこちら