河川の整備計画

事業の進捗状況

 一級河川芦田川では、今後概ね20年間に実施する川づくりの計画を定めた、芦田川河川整備計画を平成20年12月に策定しました。

 今後は、本計画に基づく治水整備の目標流量(下流部:昭和20年洪水対応、上流部:平成10年洪水対応)を安全に流下させる河道整備をはじめ、河川管理・防災対策や地域と一体となった川づくりを推進します。

 あわせて、芦田川の美しく豊かな自然環境を保全するため、新たな視点を加えた芦田川水環境改善アクションプランに基づき、関係機関や流域の住民団体等と連携し、水環境の改善を促進します。平成30年度から、福山市千代田地区かわまちづくりの設計及び護岸整備等に着手します。

主な事業箇所等

  1. 一般河川改修事業(府中市 父石地区)の推進
  2. 総合水系環境整備事業(千代田地区かわまちづくり)の推進
  3. 堤防や排水樋門等の河川管理施設の維持・管理の実施
  4. 芦田川水環境改善アクションプランの促進
  5. 芦田川河口堰の管理及び操作の実施

芦田川 一般河川改修事業(府中市 父石地区)

 一般河川改修事業(府中市 父石地区)は、平成20年12月に策定した「芦田川河川整備計画」に基づく芦田川の河川改修事業です。

 平成10年の台風10号により、府中市市街地上流部で氾濫被害が発生した芦田川では、再度災害防止の観点から狭窄部である父石地区の河川改修を推進します。

期待される整備効果

平成10年の台風10号と同規模の洪水が再び発生した場合でも、浸水被害の防止が図られます。

平成30年度の事業予定

堤防整備に伴う護岸及び前原橋の架替を推進します。

芦田川総合水系環境整備事業(千代田地区かわまちづくり)

 芦田川水系芦田川は、地元自治体等と連携しながら治水・利水機能並びに水環境の保全に必要な機能の整備を図るとともに,スポーツ・レクリエーションの場,広域な住民を対象とした多目的交流の場として豊かで潤いのある河川空間の創出を目指すこととしています。  

 本事業では、親水護岸や高水敷整備等を行うことにより、福山市が整備する総合体育館・公園と一体的となり利活用の幅が広がり、効果的な水辺環境空間の創出を図ります。

期待される整備効果

新たな総合体育館や公園等の整備に合わせ、河川管理用通路や親水護岸等の整備を行うことで、屋内・屋外・水辺のレクリエーションが総合的に楽しめる地域拠点の創出が期待されます。

平成30年度の事業予定

測量、詳細設計、高水護岸及び河川管理用通路整備を行います。

▲トップ