ほかのWEBページへのリンクです



http://www.cgr.mlit.go.jp/hamada/uploads/photos/7285.gif


 

 

 

 

河川許可申請ガイド

(1/3ページ)

 

河川法とは? 

 日本の河川法は、本格的な治水対策を実施するに当たり明治29年に旧河川法が制定され、その後、多目的ダムによる新しい方式の治水、利水(かんがい用水、水道用水、工業用水、発電など)の機運が高まり昭和39年に新河川法が制定されました。近年、河川は治水・利水だけでなく水辺空間や生物の生息・生育の環境としてまた地域の風土と文化を形成する重要な要素として、平成9年にはその目的として「環境」が加わり、現在に至っています。

 

 

河川を利用するにあたって

 河川は、雨水等の流路を形成し、洪水を疎通させ、洪水による被害を除却し又は軽減させるものであり、かつ、公共用物として本来一般公衆の自由な使用に供されるべきものである。しかし、公園、広場等のように一般公衆の使用を増進する場合、発電用ダムや橋梁のように社会経済上の必要性に基づいて設置されるもの等については、特定人が河川法に基づき流水や土地を排他独占的に使用したり、土地の掘削等禁止されている行為を行う必要があった場合、河川管理者に対し『河川許可申請』を行うこととなります。

 

 

「河川許可申請」とは?

 河川は、公共用物として一般公衆の利用に供されるものですが、防災や環境の保全など大切な役割があり、これらと調和を図りながら総合的に管理していく必要があります。そのため、河川周辺を含めて河川内の利用に当たっては一定の行為の禁止、制限などが河川法によって設けられており、河川に及ぼす影響や、河川管理上の支障などを十分検討・審査のうえ、許可叉は不許可が決められます。このため、利用者の方々から調査・検討のための書類を提出して頂き、適正な手続きを行うこととしています。この手続きを「河川許可申請」といいます。

 

(1/3ページ)

 

 

 

 

事務所ナビへ

ホームへページトップへ

次へ