山陰道の整備

 
 

 

 

山陰道の紹介

 東西間、隣接県、山陽・四国との時間距離の短縮や、高速道路インターチェンジや空港、港湾へのアクセス強化を図ることにより、地域間の連係強化及び交流の推進を目的としています。また、災害に強い国づくりを推進し、更に活力ある地域社会を形成するために、地域の自力的発展を支援する視点からも需要な路線です。

 

 

 東西方向の移動を比較したとき、高速道路の整備が進んでいる山陽側に比べ、現状の石見地域では多くの移動時間が必要です。浜田に至っては、県庁所在地の松江に行くのにも約2時間半を要します。

 
 
 
 
 

 


 

 

道づくりへ

ホームへページトップへ