ダムを活用した水源地域の自立的で持続的な活性化を図るとともに、流域内の連携と交流を進めながら流域全体の発展を図る目的として、水源地域の自治体、住民とダム管理者が共同で策定した行動計画のことです。



菅沢ダムは上流部に位置する鳥取県日野郡日南町大宮校区、阿毘縁校区を水源地域としています。水源地域が位置する日南町は島根、広島、岡山三県と県境を接する中国山地に囲まれた町です。65歳以上の人口割合が48%(H21.10.1現在)と県内の市町村で最も高く、高齢化・過疎化が進んでいます。

菅沢ダムのある大宮校区は4つの自治会(印賀・折渡・菅沢・宝谷)で構成されおり、日南町の7校区の中でも最も人口が少なく430人(H20.3.31現在)となっています。昭和20年代のピーク時にくらべ30%程度の人口で高齢化も進んでいるため、里山おおみやの魅力を次世代に継いでいくことを目標として、水源地域ビジョンが策定されました。



国土交通省中国地方整備局 日野川河川事務所 菅沢ダム管理支所
Copyright
©2007-2010 All Rights Reserved.