記者発表
平成18年8月9日(水)
中国地方整備局発注土木工事を受注した企業における
請負工事成績評定の結果(平均点)の公表について
1.概要
国土交通省においては、請負業者の適切な選定及び指導育成を図るため、平成13年3月に請負工事成績評定要領を定め、地方整備局が発注する直轄工事において、工事の施工状況や工事目的物の品質等について請負工事成績評定を実施しているところです。
平成13年4月施行の「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」では、工事成績評定の結果を原則として公表するなど公共工事の透明性が求められるとともに、平成17年4月に施行された「公共工事の品質確保の促進に関する法律」においては、公共工事の品質確保に当たり、民間事業者の能力が適切に評価され、それらを一層活用することが求められたところです。
これらを踏まえ、今般、国土交通省中国地方整備局では、工事成績評定の透明性確保と民間事業者の技術力の一層の向上を図るため、中国地方整備局において過去2カ年(平成16年4月1日〜平成18年3月31日)に完成した土木工事の工事成績評定の結果を基に、当該工事を受注した企業の工事成績評定の平均点を算出し、企業の工事成績評定結果のランキングを作成し、公表することとしたので報告します。
なお、工事成績評定の平均点が80点以上となった企業については、今後、「工事成績評定優秀企業」として表彰を行うとともに、中国地方整備局が発注する土木工事において、中間技術検査の実施回数の減免、総合評価落札方式の評価基準としての活用及び企業の名刺や建設現場等へのロゴマークの使用などのインセンティブの付与等を検討し、民間事業者の技術力の向上を一層図り、発注者のメリハリのついた監督・検査体制を実現していきます。

2.工事成績評定ランキングの対象企業
 下記(1)〜(3)に該当する工事の実績を過去2ヶ年で3件以上有する企業を対象

(1)対象工事
  中国地方整備局発注工事で過去2カ年(平成16年4月1日〜平成18年3月31日)に完成した直轄土木工事(営繕、港湾空港発注工事を除く)
(2)対象工種
  工事請負業者選定事務処理要領に規定された21工事種別のうち、下記の9工種を対象とする(※建築、機械、電気通信及び維持修繕、塗装工事等は除く)。
@一般土木工事、Aアスファルト舗装工事、B鋼橋上部工事、Cセメント・コンクリート舗装工事、Dプレストレスト・コンクリート工事、E法面処理工事、F河川しゅんせつ工事、Gグラウト工事、H杭打工事
(3)その他
  ・ 共同企業体(特定・経常、JV)による工事成績は、各構成企業の実績として算入
  ・ 同順位の場合は、50音順で企業名を掲載 
全ランキングはこちらから




[問い合わせ先]
国土交通省中国地方整備局
TEL:082-221-9231(代表)
(担当)  
企画部 技術管理課 課長 野村 芳包 (内線 3311)
工事監視官 大山 健一 (内線 3131)
課長補佐 大原 英雄 (内線 3313)

(広報担当窓口)  
広報広聴対策官 岡田 憲二
企画部 環境調整官 山本 正司

HOME   TOP