●天神川水害タイムライン検討会
 平成27年の関東・東北豪雨では、利根川水系鬼怒川の堤防が決壊し、氾濫流による家屋の倒壊・流失や広範囲かつ長期間の浸水が発生しました。
 また、平成28年には、北海道・岩手県で、平成29年も九州北部・秋田県等で、過去の記録を上回る降雨に見舞われ、大きな被害を受けています。
 このため、天神川の氾濫区域において関係機関が連携し、住民の命を守る、更に経済被害を最小化することを目的に、タイムライン(防災行動計画)を策定しました。
 タイムライン(防災行動計画)とは、予め防災時の行動内容を関係者で調整しておくことで、災害対応の抜け・漏れ・落ちを防止し「先を見越した対応」を可能にすることで、減災につなげるものです。
設置要網
天神川水害タイムライン運用方法【令和元年度版】
天神川水害タイムライン (総括版)
天神川水害タイムライン (概要版)
天神川水害タイムライン (詳細版)
天神川水害タイムラインに関する災害情報図
  天神川水害タイムライン検討会開催状況
開催状況 開  催  日 備  考
完成報告 令和2年5月27日 事務局より首長へ報告
第3回 令和2年3月 書面開催
第2回 令和元年11月26日  
第1回 令和元年10月8日  
発足式 令和元年8月7日