国土交通省 松江国道事務所

「まつこく」がつくり山陰道

事業概要

各道路の概要

一般国道9号 静間・仁摩道路

事業概要

 一般国道9号の現道部は、急カーブや急勾配が連続する区間が多く、死亡事故につながる重大事故が発生しやすい状況にあります。 また、国際規格コンテナ通行支障トンネルや、事故や災害時には通行止めが発生し大幅な迂回が必要となるなど、社会経済活動に大きな支障をきたしています。

 静間・仁摩道路は、この様な課題を解決するために計画された道路で、島根県大田市静間町から大田市仁摩町大国に至る延長7.9kmの自動車専用道路で、平成20年度に事業着手しています。

 平成30年度は、埋蔵文化財調査、用地補償、改良工、橋梁下部工、橋梁上部工、トンネル工、環境調査を推進します。

事業箇所図

クリックすると拡大画像がご覧になれます。

  • 【事業箇所図】一般国道9号 静間・仁摩道路
  • 【事業箇所図】一般国道9号 静間・仁摩道路
状況写真

クリックすると拡大画像がご覧になれます。

  • 【状況写真】一般国道9号 静間・仁摩道路 大型車の事故で約2時間全面通行止め
    (H16.6発生 大田市静間町)
  • 【状況写真】一般国道9号 静間・仁摩道路 建築限界が不足するトンネル
    (H19.5 宅野トンネル)
  • 【状況写真】一般国道9号 静間・仁摩道路 大田市五十猛町地内から東方面(松江方面)を望む
  • 【状況写真】一般国道9号 静間・仁摩道路 逢浜川橋工事(H29.3撮影)
  • 【状況写真】一般国道9号 静間・仁摩道路 【⇒3ヵ月後】逢浜川橋工事(H29.6撮影)

▲上に戻る