高梁川水害タイムライン作成の目的
高梁川水系では、昨年7月の西日本豪雨により、小田川の堤防決壊をはじめ、高梁川本川の上流域でも浸水するなど、甚大な被害が発生しました。 このため、地域住民の皆様の生命・財産を守り、安全で安心して暮らせる地域づくりのために、多様な関係機関と連携して防災・減災対策を推進することが重要であり、 その為に防災行動計画(タイムライン)を策定することが防災上、非常に有効であると考えています。

高梁川水害タイムライン検討会
高梁川水系における関係機関が連携し、住民の生命を守るために先を見越した早期の災害対応を検討する「高梁川水害タイムライン検討会」を設置しました。 県管理河川を含めた水系全体でタイムラインを策定するのは国内で初めてとなります。

高梁川水害タイムライン《令和元年度版》 (PDF 3079KB)


高梁川タイムラインの特徴と情報収集ツール


高梁川水害タイムライン 組織(敬称略)

【座 長】
岡山大学大学院環境生命科学研究科 教授 西山 哲

【参加機関】
倉敷市、井原市、総社市、高梁市、新見市、浅口市、早島町、矢掛町、笠岡市、(一社)岡山県LP ガス協会、 西日本電信電話(株)岡山支店、西日本旅客鉄道(株)岡山支社、井原鉄道(株)、水島臨海鉄道(株)、 (公社)岡山県バス協会、日本放送協会 岡山放送局、西日本放送(株)、(株)瀬戸内海放送、 山陽放送(株)、テレビせとうち(株)、岡山放送(株)、井原放送(株)、矢掛放送(株)、笠岡放送(株)、(株)倉敷ケーブルテレビ、 (株)吉備ケーブルテレビ、玉島テレビ放送(株)、岡山エフエム放送(株)、(株)エフエムくらしき、 エフエムゆめウェーブ(株)、NPO法人まちづくり推進機構岡山、高梁川用水土地改良区、中国電力(株)、 陸上自衛隊日本原駐屯地、岡山県、岡山県警察本部、農林水産省 中国四国農政局、 気象庁 岡山地方気象台、国土交通省 中国地方整備局 岡山国道事務所、 国土交通省 中国地方整備局 岡山河川事務所、国土交通省 中国地方整備局 高梁川・小田川緊急治水対策河川事務所

【アドバイザー】
岡山大学大学院環境生命科学研究科 教授 前野 詩朗

【事務局】
国土交通省 中国地方整備局 岡山河川事務所

【オブザーバー】
広島県
里庄町



検討会開催一覧
名  称 開催日時 場  所 摘  要
発足式 平成31年3月11日 (月)
11:00 ~ 12:00
サンロード吉備路1F
コンベンションホール雪舟
第1回検討会 平成31年3月11日 (月)
13:00 ~ 15:00
サンロード吉備路1F
コンベンションホール雪舟
第2回検討会 令和元年5月10日 (金)
10:00 ~ 12:00
サンロード吉備路1F
コンベンションホール雪舟
第3回検討会 令和元年6月11日 (火)
14:00 ~ 16:30
コンベックス岡山2F
中会議室6
完成式 令和元年6月13日 (木)
15:00 ~ 16:00
サンロード吉備路1F
コンベンションホール雪舟
第4回検討会 令和元年11月13日 (水)
13:30 ~ 16:30
岡山西川プラザ本館2F
大会議室