沿革

岡山の道路と事務所の沿革

事務所事務所の沿革
道 路道 路の沿革
事務所 大正15年10月 内務省大阪土木出張所旭川改修事務所を設置
事務所 昭和18年11月 内務省中国・四国土木出張所岡山工事事務所に改称
事務所 昭和23年7月 建設省中国・四国地方建設局岡山工事事務所に改称
事務所 昭和23年9月 建設省中国・四国地方建設局岡山第一工事事務所に改称
事務所 昭和27年5月 建設省中国・四国地方建設局岡山工事事務所に改称
事務所 昭和33年6月 建設省中国地方建設局岡山工事事務所に改称
事務所 昭和39年7月 西大寺工事事務所と統合
事務所 昭和40年10月 岡山市小橋町から岡山市鹿田町へ庁舎を移転
事務所 昭和43年4月 岡山工事事務所から、岡山国道工事事務所と岡山河川工事事務所に分離
道 路 昭和43年12月 国道30号玉野バイパス開通
道 路 昭和44年5月 国道53号奈義トンネル完成
道 路 昭和57年3月 国道30号泉田跨線橋開通
道 路 昭和58年3月 中国縦貫自動車道全線開通
道 路 平成11年3月 国道2号岡山バイパス全線開通
事務所 平成13年1月 国土交通省中国地方整備局岡山国道工事事務所に改称
事務所 平成13年4月 国土交通省中国地方整備局岡山国道事務所に改称
事務所 平成18年3月 岡山市鹿田町から岡山市富町へ庁舎を移転