ホーム > 一般国道30号 玉野市田井地区 伊達橋の亀裂損傷について

一般国道30号 玉野市田井地区 伊達橋の亀裂損傷について

一般国道30号は、岡山県岡山市から玉野市を経由し、瀬戸内海を渡り香川県高松市に至る延長約26.4km(陸上部)の主要な幹線道路です。 一般国道30号にある伊達橋は、1967年(昭和42年)の完成から47年が経過している長さ110mの橋梁で、平成25年12月からの橋梁定期点検において、溶接箇所に多数の亀裂が確認されたため、今般、伊達橋の亀裂原因を究明し、適切な補修方法を検討するに際し、学識者等から技術的助言を頂くことを目的に、「伊達橋補修検討委員会」を設立したところです。

お知らせ

第1回伊達橋補修検討委員会

第2回伊達橋補修検討委員会

第3回伊達橋補修検討委員会

第4回伊達橋補修検討委員会

第5回伊達橋補修検討委員会