ホーム > 現場なう > トンネル点検について

トンネル点検について

トンネル点検について
今回はトンネル点検作業について紹介します。
                                                       
●トンネル点検とは?
いつでも安全に使うことができるように、トンネル内に危ないところがないか
調べることです。
定期的にトンネル点検をすることで、小さな異常にすぐに気づくことができ、
大きな事故が起こらないように前もって対策することができます。
                                                       
最近では、奈義トンネルで2018年10月19日に点検作業を行いました。
                                                       
そのトンネルの点検方法を紹介します。
                                                       
○打音検査

 
                                                     
                                                       
                                                       
                                                       
                                                       
                                                       
                                                       
                                                       
                                                       
                                                       
                                                       
点検ハンマーでトンネル内の壁を叩き、
その音を聞いてコンクリートに浮いているところがないか調べます。
                                                       
○目視点検

 
                                                     
                                                       
                                                       
                                                       
                                                       
                                                       
                                                       
                                                       
                                                       
                                                       
                                                       
腐食や破損などがないか、近づいて目で見て確認します。
この写真ではトンネル内の高い位置にある配管を確認するために、
リフト車を使って作業しています。
                                                       
上記の点検で見つかった損傷箇所を紹介します。