洪水浸水想定区域図 (計画規模)
※各図面番号をクリックいただければ拡大図が表示されます

 1 説明文 
   (1) この図は、小瀬川水系小瀬川の洪水予報区間について、水防法の規定に基づき計画降雨により浸水が想定される
      区域、浸水した場合に想定される水深を表示した図面です。
   (2) この洪水浸水想定区域図は、公表時点の小瀬川の河道及び洪水調節施設の整備状況を勘案して、洪水防御に関す
      る計画の基本となる年超過確率1/100(毎年、1年間にその規模を超える洪水が発生する確率が1/100(1%))
     相当の洪水により小瀬川が氾濫した場合の浸水の状況をシミュレーションにより予測したものです。
   (3)なお、このシミュレーションの実施にあたっては、支川の(決壊による)氾濫、シミュレーションの前提となる降雨を超える
     規模の降雨による氾濫、高潮及び内水による氾濫等を考慮していませんので、この浸水が想定される区域以外の区域
     においても浸水が発生する場合や、想定される水深が実際の浸水深と異なる場合があります。
        
 2 基本事項等
   (1)作成主体          国土交通省 中国地方整備局 太田川河川事務所
   (2)公表年月日          平成28年6月14日
   (3)告示番号           国土交通省 中国地方整備局 告示第81号
   (4)根拠法令           水防法(昭和24年法律第193号)第14条第2項
   (5)対象となる洪水予報河川
     ・ 小瀬川水系小瀬川(実施区間)
     左岸 : 広島県大竹市小方町小方字安条山650番の1地先から海まで
     右岸 : 山口県岩国市大字小瀬字深瀬3354地先から海まで
   (6)算出の前提となる降雨  小瀬川流域の24時間総雨量331mm
   (7)関係市町村         広島県大竹市、山口県岩国市