八橋城から倉吉打吹城までの道を「八橋往来」といい、江戸時代八橋郡を治めた津田侯が利用するようになってからは、地域の人から「殿様街道」と呼ばれ親しまれてきました・・・・・