国土交通省 松江国道事務所

「まつこく」がつくり山陰道

事業概要

各道路の概要

一般国道9号 朝山・大田道路

事業概要

 一般国道9号の出雲市と大田市境の「仙山峠」付近は、急カーブが連続し交通事故の多発する島根県内でも有数の交通の難所となっています。また、平成18年7月豪雨災害では、一般国道9号が全面通行止めとなる等、災害が頻発する区間ともなっています。

 朝山・大田道路は、このような課題を解決するため計画された道路で、島根県大田市朝山町朝倉から大田市久手町刺鹿に至る延長6.3kmの自動車専用道路で、平成19年度に事業着手し、平成30年3月18日に開通しました。

事業箇所図

クリックすると拡大画像がご覧になれます。

  • 【事業箇所図】一般国道9号 朝山・大田道路
  • 【事業箇所図】一般国道9号 朝山・大田道路
状況写真

クリックすると拡大画像がご覧になれます。

                
  • 【状況写真】一般国道9号 朝山・大田道路 線形不良箇所(大田市朝山町 R=100m)  
  •     
  • 【状況写真】一般国道9号 朝山・大田道路 平成18年7月豪雨災害により
    国道9号に35時間の全面通行止め 
    (片側交互通行79日間)
        
  •     
                                 
  • 【状況写真】一般国道9号 朝山・大田道路 久手地区の改良工事(H29.3撮影)     
  •     
  • 【状況写真】一般国道9号 朝山・大田道路 【⇒3ヵ月後】 久手地区の改良工事(H29.6撮影)  

▲上に戻る