山間の盆地に開けた城下町勝山。林業が盛んで、古くから米や材木などさまざまな物資の集散地として、また出雲街道沿いの宿場町としても発展しました。街道とともに重要な輸送手段が旭川を行き来する高瀬舟です・・・・・