道づくり
ホーム > ダムかんり > 灰塚ダムの役割

灰塚ダムの役割

洪水調節

灰塚ダムは、江の川上流ダム群の一つとしてダム地点における計画高水流量1,150㎥/sのうち750㎥/sの洪水調節を行い、江の川上流部及び馬洗川沿川の水害を軽減します。なお、灰塚ダムでは流入量200㎥/s以上を洪水と定義しています。

計画高水流量配分図

既得取水の安定化、河川環境の保全

上下川 計納橋下流 馬洗川 八次頭首

ダム地点より下流の上下川、馬洗川、江の川上流沿川の耕地等は江の川を水源としており、これらの地域の既得用水の取水の安定化及び河川環境の保全のための流量を確保します。

灰塚ダムは広島県三次市三良坂町仁賀に位置し、江の川水系に属します。 下流における既得用水の補給や河川環境の保全など流水の正常な機能の維持と増進をはかるため、87,500,000㎥の利水容量を利用して補給しています。新規水道用水は、三次市および庄原市に対して、950,000㎥の利水容量を利用し、最大15,000㎥/日を補給します。