防災情報

  1. ホーム
  2. 防災情報
  3. 台風の脅威 今に残る大洪水の記録

台風の脅威 今に残る大洪水の記録

目次

今から約70年前の昭和9年(1934年)9月21日、室戸台風により旭川、百間川が氾濫し、岡山市内で過去例をみない大洪水が発生しました。
その後河川の改修、ダム建設が進められてはいますが、現在でも降雨によっては同じような水害が起きる可能性もあります。
そのため、現存する昭和9年の洪水の浸水位を記録した標識などを紹介することにより、洪水の危険性を再認識していただき、普段から水害に備えていただきたいと思います。

保存されている水位表記

下の地図の印をクリックするか表の番号・場所をクリックして見て下さい。
より大きな地図で 室戸台風浸水水位標識 を表示

番号 設置者 場所 岡山市町名 東京湾中等潮位上(m) 道路面よりの高さ(m)
1 内務省設置 烏城(岡山城)公園石垣 丸之内1丁目 7.50 2.90
2 内務省設置 中国銀行本店角 丸之内2丁目 6.13 1.60
3 内務省設置 岡山電話局角
(※現在はNTTクレドビル角に移設)
中山下1丁目 4.61 2.30
4 内務省設置 就実学園新体育館 弓之町 4.58 0.60
5 内務省設置 三勲小学校校門 徳吉町1丁目 5.06 1.04
6 内務省設置 後楽園白壁塀 後楽園 7.84 1.98
7 私設 星島平之助氏宅塀 門田屋敷1丁目 - 0.96
8 私設 旧六高(朝日高)柔道場 古京町2丁目 - 1.68
9 就実高等学校放送文化部設置 楠戸武氏宅 国富2丁目 7.38 1.59
10 就実高等学校放送文化部設置 大林寺 西川原 - -
11 国土交通省設置 おかやま信用金庫 柳町1丁目 - 0.60
12 国土交通省設置 山陽新聞社 柳町2丁目 - 0.60
13 国土交通省設置 株式会社天満屋 岡山本店 表町1丁目 - 1.50
14 国土交通省設置 中国電力株式会社 岡山支社 内山下1丁目 - 1.60

ここでご紹介している水位標識は、昭和9年室戸台風により、市内の各地点でどこまで水に浸かったかを示しています。
これは、もともとは旧内務省等によって設置されましたが、光延英夫・畑野房子両氏により、昭和50年に調査結果がまとめられるまで、長い年月の間に忘れ去られ、その存在までも消されてしまうところでした。
平成16年には就実高等学校放送文化部の皆さんの活動で、新たに水位標識と説明板が設置されました。また、三勲小学校校門と後楽園内白壁塀には既存の水位標識の下に説明板が設置されました。
平成19年には国土交通省岡山河川事務所が、新たに水位標識と説明版を設置しました。

光延先生による調査結果の概要紹介

光延 英夫氏の写真(元就実学園就実高等学校教諭)
光延 英夫氏
(元就実学園就実高等学校教諭)

光延氏が水位標識に興味を持たれたのは、昭和46年のことでした。勤めておられた就実学園で標識が設置されていた壁が取り壊される事になったのです。その時に学校側に相談され、学校側の理解と協力を得て無事保存されることになりました。その標識は説明文と共に現在も就実学園に残されています。その後同じ様な標識が市内各地に残されているのを知り、調べられた結果を論文としてまとめられました。このサイトはその論文をもとに作成したものです。

失われた水位標識

水位標識の中には長い年月の間に、戦争や建物の建て替え、道路の拡幅などにより失われてしまったものも数多くあります。 失われたものの中で設置されていた場所がわかっているものについて紹介します。地図上の印をクリックして頂くと番号が表示されます。地図上の印の番号と表の番号は一致しており、場所を示しています。


より大きな地図で 失われた水位標識 を表示

番号 設置者 場所 岡山市町名 東京湾中等潮位上(m) 道路面よりの高さ(m)
1 内務省設置 旧岡山市公会堂 内山下2丁目 7.00 1.90
2 内務省設置 旧三菱銀行岡山支店 表町3丁目 5.64 0.60
3 内務省設置 柳川交差点 中山下1丁目 - -
4 内務省設置 大雲寺町交差点 - - -
5 内務省設置 旧城下電車停留所 - - -
6 内務省設置 旧郵便鉄道大多羅駅前 大多羅 - -
7 私設 笠井耳鼻科医院 中山下2丁目 - -
8 私設 旧六高校長官舎 国富 - 2.54
9 私設 倉紡岡山工場倉庫壁 中井町2丁目 - -

今後の保存について

現在残されている標識のうち、就実学園新体育館、NTTクレドビル、中国銀行本店においては説明板(銅板製)が一緒に保存されています。しかし、他の標識については、説明等はなく標識について知っている人でなければ、それが何を示しているものなのかもわからない状況です。これらについては、多くの人に標識の存在を知って頂くことが重要であると思われます。また、これらの建物の持ち主の方々にはこれからも標識のさらなる保存をお願いいたします。

室戸台風(昭和9年)の概要

2階に避難する人々の写真
2階に避難する人々

冠水した道路の写真
冠水した道路

今から66年前(1934年)の昭和9年9月21日に911.6hpaという猛烈な強さの台風が室戸岬付近に上陸し、淡路島を通って大阪に進みました。
この台風の影響は凄まじく岡山県内で死者145人、負傷者348人を出し、家屋4560戸が全半壊しました。岡山市の雨量は73.6ミリでしたが、旭川の上流に降った雨が、半日後に流れてきて増水し、台風が通過した後に岡山市内は大洪水に見まわれました。その当時に内務省などが台風後、岡山市内外の計数十カ所に設置された洪水水位を表す標識は数こそ少ないものの現在でも就実学園体育館(同市弓之町)、中国銀行本店(同市丸の内)、NTTクレドビル岡山店(同市中山下)などの岡山市内に残されています。

天気図(室戸台風時)

当時の被害

発生年月日 降水量
(2日間)
(mm)
出水量
(m3/秒)
(下牧地点)
死者(人) 全壊家屋(戸) 浸水家屋(戸) 冠水面積(ha) 被害額
(千円)
S.9.9.21室戸台風 226 6000(推定値) 145 3,417 46,131 19,790 162,082

※降雨量は2日間の流域平均雨量

被害の状況

流失直前の今津屋橋と漂流家屋の遭難民の写真
流失直前の今津屋橋と漂流家屋の遭難民

後楽園西門の決潰箇所の写真
後楽園西門の決潰箇所

因備線河井駅・知和駅間の鉄道線路の被害
因備線河井駅・知和駅間の鉄道線路の被害

大洪水による家屋の沈没
大洪水による家屋の沈没

洪水時の通りの状況
洪水時の通りの状況

小橋の流木。中央に見える白線は旭川濁流
小橋の流木。中央に見える白線は旭川濁流

崩壊する橋
崩壊する橋

増水し荒れる河川
増水し荒れる河川

家屋流失の跡
家屋流失の跡

下之町浸水の状況と工兵隊の活動
下之町浸水の状況と工兵隊の活動

真庭郡川東村の家屋倒壊の状況
真庭郡川東村の家屋倒壊の状況

上房群高梁町の惨状
上房群高梁町の惨状

このホームページは、平成13年度実習生の井保さんと小野さんの協力を得て作成しました。

就実学園新体育館 後楽園内白壁塀 烏城公園石垣 中国銀行本店角 NTTクレドビル角 旧六高柔道場 三勲小学校校門 星島平之助氏宅塀