重要水防箇所

太田川河川事務所では、住民のみなさんに防災意識を高めて頂くことを目的として、平成31年度の太田川及び小瀬川の「重要水防箇所」を公表いたします。

◇◆◇
太田川(直轄管理区間内)
  重要水防箇所一覧表[PDF文書:131KB]pdf
  重要水防箇所図[PDF文書:1,523KB]pdf
 
小瀬川(直轄管理区間内)
  重要水防箇所一覧表[PDF文書:94KB]pdf
  重要水防箇所図[PDF文書:646KB]pdf
   
「重要水防箇所」とは、洪水時に危険が予想され、重点的に巡視・点検をする必要がある箇所(資料−1参照 pdf[PDF文書:88KB])です。
例えば、
(1) 堤防の低い箇所
(2) 過去に堤防から水がにじみ出たことのある箇所
(3) 橋の桁下高が低い箇所
(4) 堤防を工事してから3年以内の箇所
(5) 昔、川が流れていた跡 などです。
 
「重要水防箇所」は、その重要度によって次のランク(資料−1参照 pdf[PDF文書:88KB])に分類しています。
 水防上最も重要な区間
 水防上重要な区間
 要注意区間
重点区間
 
台風などの出水時には、地元の水防管理団体(市町村等)等がこれらの「重要水防箇所」の巡視・点検を重点的に行うなど、水防活動にあたります。
 

Adobe Acrobat Reader PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要となります。
お持ちでない方はこちらから無料でダウンロードできます。
もどる