「矢掛宿」は、江戸時代の山陽道(別名 西国街道)設けられた51宿のうちの第18番目の宿場町です。街道沿いには800メートルにわたって、本陣、脇本陣をはじめ、妻入り、平入りの町家が並び、「下に〜、下に〜」と今にも大名行列のお通りを知らせる声が聞こえてくるようです・・・・・

認定年度 : 平成21年度
所在地 : 岡山県小田郡矢掛町

  • なし