菅沢ダムは日野川の支流である印賀川につくられた鳥取県最大の多目的ダムです。

洪水被害の軽減、かんがい用水の補給、工業用水の確保、発電などを目的として約30億円の事業費を投じて昭和43年9月に完成しました。



洪水調節
ダムの貯水池に流れ込む水の量をおよそ毎秒510m3と考えた場合、その内の毎秒100m3を下流に流し、毎秒410m3を貯水池にためてダム下流の洪水被害を軽減します。

工業用水
米子市、境港市、日吉津村の工業用水として1日最大16万m3を供給するために、1秒間に最大2m3の水を放流します。
発電
日野川第一発電所で最大出力4,300kwの発電を行うため、1秒間に最大4m3の水を利用しています。

かんがい
ダムから下流にある印賀川や日野川流域のかんがい用水(農業用水)の不足を補うために、放流を行います。


国土交通省中国地方整備局 日野川河川事務所 菅沢ダム管理支所
Copyright
©2007-2010 All Rights Reserved.