公園づくり
ホーム > 公園づくり > 国営備北丘陵公園について

国営備北丘陵公園について

国営備北丘陵公園は、中国地方全域からご利用頂けるよう、中国地方のほぼ中心に位置する広島県庄原市の森と湖(国兼池)に囲まれた緑豊かな自然の中で「ふるさと・遊び」をテーマとして整備された公園です。

公園の面積などは、次のとおりです。

  • 事業化決定
    昭和57年4月(事業化から13年目の平成7年4月に80haで開園)
  • 全園開園
    平成24年4月21日
  • 累計利用者数
    約718万人(平成24年末時点。平成24年度の利用者数は約444,000人。)
  • 開園面積
    約340ha(平和記念館の約28倍、広島空港の約2倍)

公園面積

基本テーマ

ふるさと・遊び

国営備北丘陵公園は、広島県庄原市の国兼池とアカマツ林の丘陵地約340ha(東西約3.5km、南北約1km)に、中国地方全体からの誘客を目指してつくられた、中国地方では初めての国営公園です。

公園の立地する備北地方は、中国山地の中央に位置し、たおやかな景観と風土をよく残しており、これらを生かし、「ふるさと・遊び」をテーマに公園づくりを進めています。

公園の中には、なつかしいふるさと、花広場、芝生公園、北欧風のオートキャンプ場の景観が広がり、美しい自然の中でふるさとを思い出しながら1日楽しく遊ぶことができます。

また、四季折々のレクリエーションプログラムも用意していますので、広々とした公園で楽しく遊び、ここをあなたの新しいふるさとにしてください。


基本理念と基本方針

基本理念

本公園は、周辺環境との調和と連携を図り、森と湖に囲まれた緑豊かな自然の中で、中国地方の歴史や伝統文化とのふれあいや多様なレクリエーション活動を通じて、人間性の回復と向上の場となる公園とします。公園整備の基本理念として、以下の4項目を定めています。

  • 緑豊かな自然へのいざない
  • 中国地方の歴史や文化とのふれあい
  • 多様なレクリエーションへのしたしみ
  • 周辺環境とのつながり

基本方針

基本理念をより具体的なものとするために、公園整備の基本方針を以下のように定めています。

  • 国兼池を中心とした湖畔景観や、丘陵景観等の自然の生かした公園。
  • 中国地方の古い文化の継承や、新しい文化をはぐくむことのできる公園。
  • 四季にわたる多彩なレクリエーションに対応できる公園。
  • 中国地方の全域から利用できる公園。
  • 地域とのふれあいのできる公園。
国営公園とは 国営備北丘陵公園について 整備方針 開園までの歩み 公園の利用状況 管理運営プログラム 園内マップ お問い合わせ