トップページ > 一般向け情報 > インフラのストック効果

インフラのストック効果

くらしと経済を支えるインフラ −インフラのストック効果−

 道路や港湾、堤防といったインフラの蓄積は、アクセス性の向上や物流コストの低減、水害の防止など、経済活動の効率性を高め、投資リスクを低減します。
 その結果、生産力を拡大させ、工場の立地・雇用の増加などくらしや地域経済に長期にわたって効果をもたらします。
 このように様々な形で私たちのくらしと経済を支えるインフラをご紹介します。

インフラのストック効果 全国の事例
尾道松江線がもたらすストック効果

※事業内容はPDF形式で公開しています。PDFをお持ちでない方は下のバナーをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader

道路緊急ダイヤル
島根県幹線道路協議会 交通渋滞対策部会
老朽化対策