ボランティア・ロード

地域社会に開かれた行政と住民参加をめざして

 国土交通省では、住民団体等が行う道路の緑化や清掃美化活動への支援を行い、積極的に住民の道路管理への参画を求める制度(ボランティア・サポート・プログラム)を平成12年6月に構築しました。現在、全国各地に広まっています。

 中国地方整備局では、ボランティア・サポート・プログラムは「ボランティア・ロード」と呼称して活動しています。

 このボランティア・ロードは、地域住民の道路への慈しみの気持ちを高め、住んでいるところを綺麗にしたいという自然な気持ちを形ある物にしようと考え出されたものです。

 当事務所管内では、現在、50団体(平成30年5月1日時点)が加入し積極的に道路の美化活動を行っています。

図


V・S・P

V・S・Pって何?

 ボランティア・サポート・プログラムのことです。

ボランティア・サポート・プログラムとは

  • 国土交通省が管理している国道を対象として、実施されている道路の美化・清掃プログラムです。
  • 道路を慈しみ、住んでいるところをきれいにしたいという自然な心を形あるものにしようと考え出されたアメリカの「アダプト・ア・ハイウエイ・プログラム」からヒントを得ています。
  • 「実施団体」(=ボランティア活動を行う団体)が、道路の簡単な清掃や美化活動を行うことを「協定」で確認し、その「協定」の内容に従って活動を実施します。
  • 道路管理者は清掃用具等を貸与・支給し、実施団体名入りのサインボードを立てて、実施団体の活動を公表します。

参加団体募集中

 活動に参加していただける団体を募集しています。 お気軽にお問い合わせください。



ふくやまV・S・Pだより

 「福山ボランティア・ロード」団体の皆さまの活動内容を広く市民の皆さまに知っていただくこと、また、私達も活動に参加してみたいなと思われる方を募集すること、を目的に「ふくやまV・S・Pだより」を発刊しています。
   <配布先>   
  国の施設として、福山河川国道事務所本所及び三原国道維持出張所   
  道の駅「みはら神明の里」、国道2号松永道路今津PA
  福山市の施設として、福山市役所本庁、市民参画センター   
  ローズコム(福山市図書館)1階、中部生涯学習センター(ローズコム4階)   

バックナンバー

▲トップ