ダムからのお知らせ

重要なお知らせ


その他のお知らせ

平成28年6月の八田原ダム流域平均雨量が、ダム管理開始以降最高値を記録しました!
2016.7.6

今年の6月は梅雨前線の影響により、特に19日~24日の間に八田原ダム流域に222.2mmもの降雨があったこともあり、八田原ダム流域平均雨量が420.2mmを記録しました。

この6月雨量は、平成10年の八田原ダム管理開始以降最高値であり、過去10ヶ年(H18~H27)平均値166.3mmの約2.5倍もの値になります。

 

梅雨・台風等の出水期に備え、河川堤防等の点検を実施しました
2016.6.8

八田原ダム管理所では出水期に備えて、河川堤防等の「出水期前点検」を6月8日(水)に実施しました。

この点検は、堤防・護岸・樋門等の損傷を徒歩により目視点検するもので、毎年実施しています。点検の結果、イノシシ等による堤防の掘り返し等の軽微な被害が8ヶ所確認されました。

 

 
お知らせ
2016.6.1

府中市河佐町で、体長1m程度のツキノワグマと思われる熊が目撃されたとの情報がありました。

お出かけの際はご注意ください。

GW前に一般利用施設等の安全利用点検を実施しました。
2016.4.27

点検状況

八田原ダムでは、一般の方々の利用の増加が想定されるゴールデンウィーク前に、ダムに設置してある一般利用施設等の安全利用点検を4月27日(水)に実施しました。

今回の点検では利用者に重大な危険を生じるおそれのある箇所は見つかりませんでした。引き続き、安心して利用できるように、巡視並びに点検に努めていきます。

梅雨・台風等の出水期に備え、河川堤防等の点検を実施しました
2015.6.15

八田原ダム管理所では、梅雨及び台風など出水期に備えて、河川堤防等の「出水期前点検」を6月10日(水)に実施しました。

この点検は、堤防・護岸・樋門等の損傷を徒歩により目視点検するもので、毎年実施しています。点検の結果、軽微なイノシシによる堤防の掘り返し被害が9ヶ所確認されました。

放流設備の異常時対応訓練を実施しました。
2015.6.1

梅雨や台風等による洪水が発生しやすいシーズンを控え、放流設備の確実な操作を行うための異常時対応訓練を実施しました。

訓練には設備に精通した職員だけでなく、事務系職員や新規採用職員も含めた全職員が参加し、円滑な操作等が行えるよう手順の確認を行いました。八田原ダム管理所では、流域の皆様の安全・安心のため、今後もこうした訓練を実施していく予定としています。

 

※異常時対応訓練とは…  地震や雷などによってダム管理所操作室からの操作が行えなくなった場合など、万が一の異常発生時に備えて、あらかじめ対応手順の確認を行う訓練です。

エレベータ閉じ込め救出訓練を実施しました。
2015.5.12

八田原ダム堤体に設置されているエレベータ設備について、閉じ込め事故発生時を想定した救出訓練を職員等で実施しました。

特に大規模地震の発生時には、救出活動をおこなう専門業者の到着まで相当の時間を要することが予想されるため、職員等でも可能な範囲での救出活動として、手動により扉を開ける方法や、安全上の注意点について訓練しました。

八田原ダム管理所では、利用者の皆様の安全・安心のため今後もこうした訓練を定期的に実施していきます。

GW前の安全利用点検を実施しました。
2015.5.1

八田原ダム管理所では、一般の方々の利用の増加が見込まれるゴールデンウィーク前に、ダム周辺の一般利用施設等について安全利用点検を実施しました。

今回の点検では、利用者に重大な危険を生じるおそれのある箇所は見つかりませんでした。引き続き、安心して利用できるように、巡視並びに点検に努めていきます。