[ホームページ]に戻る

温井ダムの季節感
 温井ダムは、最下部の標高が229m、最上部のダム天端の標高385mまで高低差が156mあります。滝山川が支流となっている太田川本川(ほんせん)が瀬戸内海に注ぎ込む広島市街地と比べれば、最下部で凡そ2℃、最上部で4℃平均気温が違います。
 平均標高が400mを越える温井ダム周辺の四季は、春が遅く、夏が短く、秋が駆け足で通り過ぎ、長い冬が支配する西中国山地特有の表情を持っています。
■温井ダム周辺に表れる季節の表情
景色の移り変わり
 温井ダム周辺の景色は、季節の訪れと共に、春は溶けゆく積雪と芽吹き咲き誇る桜、初夏の艶やかなツツジと紫陽花の七変化、夏の緑に龍姫湖の照り返し、秋の日々映りかわる紅葉、冬の静けさを後押しする雪の風景があります。
■温井ダム周辺のみどころ
 温井ダムの貯水池である龍姫湖周辺は、季節ととともに様々に姿を変えて、観る人に自然美の素晴らしさを伝えてくれます。
 ここでは、花の見頃と見所をご案内します。是非ご家族、お友達お誘い合わせの上お越し下さい。
 冬季は積雪等による交通困難があり、危険が予見されますのでご案内致しません。
 無理の無いように気を付けてお越し下さいますようお願い申し上げます。
■温井ダム周辺の季節カレンダー
 カレンダーの見頃期間をクリックしてください。観察記録のページに移動します。

 先頭に戻る

国土交通省 中国地方整備局 温井ダム管理所
TEL 0826−22−1501