[ホームページ]に戻る

水源地域ビジョンとは
 「水源地域ビジョン」は、ダムを活かした水源地域の自立的・持続的な活性化を図り流域内の連携と交流によるバランスのとれた流域圏の発展を図ることを目的として、ダム水源地域の自治体、住民等がダム事業者・管理者と共同で策定主体となり、下流の自治体・住民や関係行政機関に参加を呼びかけながら策定する水源地域活性化のための行動計画です。
 国土交通本省においては、ダム事業を所管する水管理・国土保全局(流水管理室)、水源地域対策を所管する同局水資源部(水源地域振興室)、公園の整備等を所管する都市・地域整備局(公園緑地景観課)が連携して、支援を行います。

温井ダム水源地域ビジョン
 「水源地域ビジョン」とは、ダムを活かした水源地域の自立的・持続的な活性化のために、水源地域の自治体、住民等がダム事業者(管理者)と共同で策定する水源地域活性化の行動計画です。
 温井ダムでも平成17年度から安芸太田町と地元住民と一緒に検討を行いビジョンを策定いたしました。安芸太田町の長期総合計画の中にも温井ダム水源地域ビジョンが取り込まれています。
 温井ダム水源地域ビジョンでは、具体的な活動内容を話し合うための温井ダム活用会議の設置を位置づけており、この活用会議は、平成20年度より安芸太田町、地元住民及び温井ダム管理所等をメンバーとして正式に設立されました。
 今後は、ダム湖で行う龍姫瑚まつりの時の地域文化の継承として神楽の上演、又、広島市立大学との地域連携を踏まえた交流等、より一層周辺地域の交流を促す施策を行いながら、地元住民で構成された「ひとづくり・まちづくり委員会」等と連携し積極的に活動していく予定です。
●温井ダム水源地域ビジョンのイメージはこちら

 先頭に戻る

国土交通省 中国地方整備局 温井ダム管理所
TEL 0826−22−1501